colorful library

人生を自由に生きたいと思った女子大学生が好きなアイドルや思ったことをかいています。

アンジュルムとプラチナ期

私は今のアンジュルム(以下アンジュ)はプラチナ期とは逆の方向にあると思ってる。

ここで、「ちょっと待って。あやちょが求めるアンジュルムの完成形ってプラチナ期だったよね?」って思うかもしれないけど、日に日にそこからは遠ざかってる、と私は考えてる。

そもそもプラチナ期って、高橋愛ちゃんを中心としたバランスのいいピラミッド構造だったはず。

高橋>田中>新垣・亀井>小春>道重>光井・ジュンジュン・リンリン

って感じにポジションに優先順位がつけられてた。

それに対して今のアンジュはどうかというと、それぞれのメンバーが個性を出せて、明確に優先順位はつけられていないわりと平等売りなスタイル。例え優先順位をつけるスタイルに変えようとしても、お互いの個性が強すぎて上手く格差つけられないと思う。

それと、曲やパフォーマンスもプラチナ期とアンジュではカッコイイの意味が違う。プラチナ期は儚さのある“キラキラしたカッコよさ”で、アンジュはしぶとさのある“ギラギラしたカッコよさ”。似ているようで別物のカッコよさなんだよね。まあ、でもこれは曲や振り付け次第なところもあるかな。

冷めたことをいうと、別にプラチナ期目指さなくてもいいからアンジュにはアンジュに合ったものを目指してほしいって私は思う。プラチナ期とは全く別物のスタイルをもう持ってるし、今の個性重視なバラバラさを武器に、振り幅のある曲を歌って踊れるグループになってほしい。

スマイレージからのファンも、今のギラギラしたアンジュのカッコよさだけじゃなく、スマイレージ当時に似た可愛さだって求めてるだろうし、もっと柔軟にできたらいいなぁって思う。