colorful library

人生を自由に生きたいと思った女子大学生が好きなアイドルや思ったことをかいています。

V6「The ONES」感想

発売日になったから簡単な楽曲レビューも含め感想をかいていくよー。

(シングル曲・通常盤のみの楽曲はレビューないのでご了承を)

 

1.never

「えっ、これ1曲目でいいの??」って思うくらい最初からクライマックス感。この曲に出てくる時計の針の音を聴くと10周年の時の「オレンジ」を思い出す。その頃からまた12年経って大人になったことで、時間が進み続けることへの無常さがこみあげてくる。間奏が静かなところが好き。

 

2.刹那的Night

岡田プロデュース曲。俳優・岡田准一のイメージを持ってる人からしたらびっくりするような大胆で派手な1曲。やたらと焦らしてためてくる間奏があれば、ブラスやストリングスの音でメロディを華やかにしてくれるところもあったり、メリハリが効いてる。メロディが単調だからアクセントつけるのも難しかったんじゃないかなぁ。

 

3.SOUZO

やや癖は強めだけどキャッチーで分かりやすい曲だと思う。歌い方はダンディな感じだけど「バリバリきたこれー」って歌ってるとこ見ると、はずしてるような感じにもとれてギャップが面白い。余裕かましてるのか、奥手なのか分からない人物像に戸惑うw

 

5.Cloudy sky

私の大好きなHIKARIさん作曲きたー!neverじゃなくて、こっちがリード曲でもおかしくないV6らしさを感じる曲。爽快感あって夏っぽい。静かな曲が今回のアルバムには多いから、ここでぐっと開放感出る。

 

6.DOMINO

曇り空から雨雲に変わるような不穏な雰囲気漂う曲。ボーカル入りで1分40秒っていう短さの曲、今までなかったんじゃないかな。

 

7.Round&Round

博プロデュース曲。確実に雨雲一色。聴けば聴くほど歌詞の世界観の深みにはまっていって、私は結構お気に入りの曲。仮想と現実をテーマにするこの切り口が現代的でもあり個性的。「カミセン好きなんだなー」って思うくらい印象付ける歌詞のところにカミセンの歌割がある。歌割の振り分け方が適格で好き。

 

8.Remember your love

健くんプロデュース曲。開始2秒で「おしゃ!」って言いたくなるほどおしゃれな洋楽っぽいアレンジ。繊細で優しい。失恋ソングだけど、意外とあっさり聴けて前向きな感じする。どことなくアイドルらしさもあって、DOMINOからのダークな流れをすっと変えてくれる。

 

9.Answer

昌プロデュース曲。ちなみにWOWOWのCMで今流れてるのはこの曲。「白か黒か答えなんてない 決めるのは自分自身」っていうストレートさが潔い。坂本昌行、渾身の一撃!って言っていいと思う。ラストのアドリブで歌ってるところとか特に。曲のキーが高くてかつ高音部分が難しそうだから、カバーしても歌える人ジャニーズでごく一部なんじゃ?とか勝手に思ってる

 

11.ボク・空・キミ

剛くんプロデュース曲。というか剛くんのソロ曲って認識。ゆったりまったり肩の力入れずなテイストがめちゃくちゃ剛くんっぽい。歌割もシンプルで「ここのパートは誰?」ってならずに全員順番にまとまってあってしっかり歌声が聴ける。

 

13.レッツゴー6匹

イノッチプロデュース曲。OMGアルバムのエキゾチックトリップみたいなサブカルっぽい曲をプロデュースするかと思えば、今回はいたってほんわかした曲で「あ、こっちね」ってシフトチェンジを余儀なくされた感じw 歌詞に今までリリースした曲のタイトルが入ってたり、曲の始まりと終わりに6人で合唱してたり6人全体の良さが出てる。

 

14.The One

この曲は泣いちゃう人もいるんだろうなぁ。温かみある歌詞が胸にしみわたるよねぇ。COLORSと連続で歌ってきたら悟り開けそうだもん。これからも応援したくなる気持ちに自然となる曲。

 

全体的にOMGに比べたら大人っぽくてスタイリッシュな曲が多いかな。制作陣が豪華なだけあって聴きごたえばっちり。単純にファンがきゃーきゃー言うような王道っぽいアイドルソングとかも今後欲しい。

 

【先着特典】The ONES (通常盤) (ICカードステッカー付き) [ V6 ]

価格:3,240円
(2017/11/1 15:26時点)