colorful library

人生を自由に生きたいと思った女子大学生が好きなアイドルや思ったことをかいています。

ものは長く保存するよりも短い間でしっかり使ってあげたい

今日、衣替えをやっとしたからついでにざっと20着くらい服をごみ袋にまとめて捨てることにした。

一見勿体なく感じるけど、よれ・毛玉・色褪せ・着づらさ・・・色々あってこの1年でほとんど着なかったものだから後悔はない。


ものって長く保存することが大事じゃなくて、短い間でもちゃんと使ってあげたかどうかが大事だと思うからね。

1回でも使ったならどんなものも役目は果たしてる。その後どれくらい使うかは自分の勝手次第じゃないかなぁ。

だから気に入ったものを好きな分だけ使えばいい。といっても、案外これができないもの。


私の場合、大して話憶えてないのに1クールに15本くらいアニメ見てた時期があった。これ15本全部面白いならいいんだけど、半分くらいは消化するのに必死なだけなんだよねw
とにかくいっぱい見ることに情熱を燃やしてて、好きな分だけ見るっていうのができてなかったんだろうなと今では思う。

最近は絞って5~10本以内になってきたからストーリーもキャラも憶えられるようになったり、感想をいえる余裕も出てきて前より楽しんで見れてる。


結局、「もったいないから〇〇しなきゃ」っていう義務感はやっぱり続かないし、続けてもそれは惰性だったりする。だからそれを防ぐためには自分の心の声に正直になることが1番いい。


これをやったから、持ってるからみたいなので価値が決まるなんて思い込んじゃ、それこそ勿体ない!と思う。