colorful library

人生を自由に生きたいと思った女子大学生が好きなアイドルや思ったことをかいています。

「読書してる人は頭がいい」に思うこと

読書って、私苦手です。
集中力が元々なくて、よっぽど話が面白くて興味のあるものじゃないと気が散るんですよね。

よく「たくさん読書してる人は頭よくなるよ」っていうけど、いやいや「元から頭のいい人がたくさん本を読んでるんだよ」って私は思います。

漢字の読み・言いまわし・文章が理解できる頭を元から持ってるからこそ、面白く感じてたくさん読もうと思えるわけで、それ以外の人はスマホゲーとかしてたほうがそりゃ楽しいよ。

とはいえ、簡単なものからしっかり読み込んで慣れていけば理解できるようにはなるし、そこから知識や考え方を知ることはできると思う。


ただ、本で何を知ったかはそんなに重要じゃない。何を感じ吸収したか、それが重要だと思います。

つまり、量より質。

100冊読んで知識を得るだけで終わるより、1冊でもその中からたくさん感じ取れる力を身につけたほうがいい。それが2冊…3冊ってなった時に100冊以上の力になって思考力みたいなものになるから、頭の良さに繋がるんじゃないかな。

これが遺伝子的に元から頭脳明晰でなくても、「読書をしてる人は頭がいい」になれる手段だと私は思います。