colorful library

人生を自由に生きたいと思った女子大学生が好きなアイドルや思ったことをかいています。

Netflix「炎の転校生REBORN」の感想

昨日配信されたばかりの「炎の転校生REBORN」を全話見てきたので感想をちゃちゃっとかいてみます。

原作の炎の転校生とストーリーもキャラも全然違うけど、訳わかんないのに熱いエネルギーを感じる島本先生らしいドラマだったなぁという印象。

1話見た時は「このてんこ盛りなキャラクター見てて胃もたれしない!?」って思ったのに、終わる頃には名残惜しくなってた、不思議と。

あと、全体的にキャラクターの扱いが上手な印象も受けました。まぁフジイ&カミヤマは人によっては好み分かれるだろうけど(苦笑)、私は全員好き。

それぞれのお芝居もしっかりしてて、「アイドルがなんちゃってドラマやりました」みたいな安っぽさもない。だから「この子ら全力でなんかやってくれてる!」っていうのは一般人にも伝わる気がします。

1話と8話(最終話)だけでも十分話は理解できるから、そこまで個人に興味ない人はそこだけ見てから気に入ったキャラのエピソード回だけ後で見るのもありだと思う。話繋がってないからね。

私のオススメ回は2話(ハマダ)と4話(コタキ)。
2話は特にギャグむちゃくちゃで面白くて、4話は思わず胸キュンしそうになる話だから気に入ってる。

続編があるとしたら、もっと全員の集団戦になるストーリーがあったらさらに熱い作品になっていいと思う。シゲオカ駆のリードが足りなくて、ただの普通の子で終わっちゃったのが勿体なかったから。「よっしゃー!お前らいくぞー!」ぐらいの気迫で周りを引っ掻き回しながら協力プレイしていく展開が見てみたい。少年漫画だしね。