colorful library

人生を自由に生きたいと思った女子大学生が好きなアイドルや思ったことをかいています。

怒ることは全然ださくない

ネットのレビューやSNSで自分とは真逆の意見を目にした時、大体は適当に流せてもたまに短気になって怒りたくなることがある。

私はそういう時は我慢せずに文字にしていいたいことをかくようにしてるんですが、もう“怒ること自体がださい”みたいな風潮を感じるんですよね。「何熱くなっちゃってんの?」みたいな。

怒りって、コントロールする力を自分でつけられなければ周りにとって“迷惑”になるけど、コントロールできれば一つの感情。もっとプラスに見られてもいいものだと思うんです。
怒ることで自分の気持ちと向き合えるし、発散できるから。


怒りの沸点って人それぞれだから「私だけなんで怒ってるんだろ」って思うこともしばしばあるけど、怒ってるからには何かしら理由があるもの。それを
知るのは自分を知ることになるし、決して悪いことじゃないと思う。

だから、怒ることって全然ださくない。笑ったり泣いたりするように、怒るのは当たり前で、人によってタイミングもバラバラだし、時に冷ややかにも見られるものなんじゃないかな。私はそう捉えてます。