colorful library

人生を自由に生きたいと思った女子大学生が好きなアイドルや思ったことをかいています。

中性的な顔が好き

今、中性的な顔の俳優って主流だなぁと思う。
吉沢亮くんとか志尊淳くんとか「少年すぎない可愛げのある顔」の子が求められてる。

なんで求められるかっていうと、1つはジェンダー観が変わって「男性は力強く、女性はしなやか」みたいな性別でイメージを区別することが減ったから。それで視聴者も受け入れやすくなってる。

もう1つは中性的な顔のほうが役の幅が広がるから。いかにも力強そうな見た目だと、存在感がありすぎて主演とかキーパーソンになる役しか似合わないけど、中性的なら主演も脇役も似合うからキャスティングしやすい。


私自身も、中性的な顔立ちの人って俳優に関わらず好きです。

見た目にカッコよさと可愛さどっちもあるほうが多面的に見えて、人間らしさとか親近感を感じるから。

私は女性だけど、性格は結構こざっぱりしてるし、ロボット作品や特撮だって好き。だからかつての女性のイメージと中身はかけ離れてる部分もあって、イメージに囚われてない人の方が共感できるんですよね。

後、中性的な顔立ちの人って美しいから、見てると癒されるから好きっていうのも単純な理由ではあるけど、あるかな。


ここまで話しておいて何だけど、「中性的」って、私たちの固定概念にある男性像と女性像ありきの言葉で、私はできればあんまり使いたくはなかったりする。

分かりやすく伝えるために今回は使ってるけど、本来は顔に男性的も女性的もないと思う。
全部私たちが勝手にそう決めてるだけですからね。

中性的な顔っていう概念もいずれはなくなって、もっとフラットに「かっこいいね」「かわいいね」って性別関係なく言えるようになったらいいなって思います。